chilliぶろぐ - Chilli Blog 2006年08月

chilliぶろぐ - Chilli Blog

唐辛子栽培マニアのブログです。 たまに猫とかPC&カメラの話も出てきますが、その辺りは適当に。

Watch live video from chilli_2010 on Justin.tv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハバネロ・レッドサビナを冷製パスタで試食

ギネスブックに「世界一辛い唐辛子」として記載されているハバネロ・レッドサビナの一番果がいよいよ色付き始めました。
redsabina082901.jpg

redsabina082902.jpg


実はハバネロの甘い芳香はあまり好きではなく、これまで散々に栽培したものも収穫して殆ど消費してません。その最大の要因は海外ではアンズ臭といわれる香りで、和食、特に味噌や醤油とは絶望的に合わないこと。

しかし実際のところ、パスタやカレーに使っている分には問題なし。とくにオリーブオイルやハーブ類と共に使うと甘い香りが生きてきて美味しく食べられると言うことにごく最近になって気づきましたw

ということで一番果を収穫して早速味見。
redsabina082903.jpg


まだ完全に赤く染まってませんが、辛さはほぼピークと変わらないはず。使いやすいのはカレーかパスタということになりますが、さっぱりと行きたいので得意の冷製パスタに投入。

ベースとなるソースとして湯むきしたトマト(あいこ?)、生のモッツァレラチーズ、オリーブの塩漬け、バジル、ニンニク。トマトはちょっと酸味が強い方が美味しいです。ニンニクはごく薄くスライスしてもいいですが、簡単なのは専用の潰し器を使うこと。おろしは臭みと辛さが出るのでお勧めしません。
pasta082901.jpg


具材としてさっとボイルしたイカとエビ、ブロッコリー、アスパラガスに先の生モッツァレラをパスタと絡みやすい程度にカット。ステンレスのボール(理由は後述)に入れてオリーブオイル(かなり多め、100mlほど入れます)、塩、ブラックペッパーを加えます。
pasta082902.jpg


ここに刻んだハバネロ・レッドサビナを加えます。へたに汁が手に付いたりすると火傷とほぼ同じ状態になるし、食器に残ると後々痛い眼にあうので注意を払って扱います。
とりあえず大盛り二皿分(300g)に胎座を取り除いて半分だけ使ってみます。激辛好きなら一個、二個と増やしてください。うちはゴメンこうむりますw
pasta082903.jpg


ステンレスのボールに入れるのは、具材を氷水で良く冷やすため。冷蔵庫に入れても良いわけですが、水分があふれ出してきて味が落ちます。出来るだけ急速に、手早く冷やすことが味が濁らなくする為の唯一の方法です。ここに注意しないと、出来上がってもなんかイマイチ…ということになります。

ここでは二回り大きなステンレスボールに氷水を入れて冷やしてますが、なければ鍋や深皿を使って底の部分だけでも冷やせればOK。この状態でゆっくりと具をかき混ぜているとオイルがネットリとしてきます。漬けすぎは台無しになりますが、15分ほど味を馴染ませた方が美味しいです。
pasta082904.jpg


適度に冷えてきたところで麺を用意します。冷製パスタには細めのものを使います。1.1mmの極細だと頼りないので1.3mm~1.5mmくらいのものが良い感じ。
通常の時間より30秒ほど長く茹で、冷水で流しつつぬめりをもみ洗いします。さっと洗った後は具材を冷やしていた氷水入りの大ボールに麺を移して更に冷やした後に良く水を切って具と混ぜ合わせます。ここで忘れずに、タバスコを入れます。辛さを出すためではなく酸味を加えるためなんですが、入れないと今ひとつボケた味に感じます。酢やビネガーで代用できるかは試してないので不明。
pasta082905.jpg

pasta082906.jpg


この冷製パスタを初めて食べたのはもう十数年前になりますが、当時はめったに味わえるものではなかったので痛く感激した記憶があります。それから味を再現すべく試行錯誤を繰り返し、やっとこさで完成に至ってます。こんな感じを基本にちょっとアイディアを加えたり具材を変えるとまた別の喜びに…。


完成。
pasta082907.jpg


で、肝心のハバネロはこんな感じ。
pasta082908.jpg


大盛り二皿で半分という量は自分的にはちょうど良い辛さ。でも食べ終えて一時間ほど経つのにカラダが火照ってますw

結論としては、ハバネロは生が一番美味しいw これまでトマトソースに入れたり酢漬けにしたり、オイルで揚げてフレークにしてみたりマリーシャープス風のソースを作ったりしましたが、本当の意味でハバネロそのものの香り、歯触りなどが「美味しい」と言える感覚を得られたのは今回が初めての気がします。

この延長線上で、野菜やシーフードのマリネやカルパッチョには当然あうでしょうし、プルスケッタ風にしても美味しいと思います。
サルサに合うというのは良く聞きますが、本当に生は美味しいと本日初めて知りましたw

なお日中は良い天気だったので恒例のお散歩。
母親宅ではほぼ全ての唐辛子が順調に育ってますが、とんがらし★ドットコムから採種分のハラペーニョボールも鈴生りに。
jalapeno_ball.jpg


オクユキさんいわく何かの拍子に生まれてきたもの、ということですが本当にゴムボールみたいにツヤツヤで愛らしいです。
…あ、収穫適期の実が…。

神楽南蛮は大型種らしく暑くて太陽の光が強いほど大きく育つ気がします。二期目の今回は数も大きさも前回を大幅に凌駕。
kagura0829.jpg


ベランダーTalosさんのところでも壮絶にデカいものが育ってるようですが、うちのも形がそっくりかも?

夕刻は久々に水元公園にお散歩。写真を撮りまくってきました。

撮影はいつものα100+28-75mm。

途中の畑で見かけたヒマワリ。
himawari0829.jpg


himawari082902.jpg


この写真は晩夏~秋にかけての色味が綺麗で結構好きなんですが、情報量が多すぎてこのサイズ&圧縮率でしかアップ出来ず…。
せめて1600x1200くらい、画面一杯に映し出すと夕日によるコントラストが良い感じなんですが…。
park0829.jpg



池では鴨達がマターリとしてました。
kamo0829.jpg

kamo082902.jpg


3mくらいまでは近づけるんですが、それ以上になるとさすがにそそくさと離れていきます。優しい人間と同じくらいの数だけ苛める人間もいるので仕方ないんでしょうが…。



・どーでもいい話。
遅い夕食をとりつつテレビを眺めていて、伊藤園、野菜ジュースのCMに出ている娘が可愛いとふと思ふ。

食後にググってみると成海璃子というらしいことが判明。でプロフを探してみたら……。




ttp://www.ken-on.co.jp/artist/html/narumi.html

1992年生まれ……。






自分の中にジョン・カー的素養を見いだして今とても鬱。
スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/29(火) 23:25:36|
  2. 唐辛子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

chilli

Author:chilli
唐辛子(トウガラシ)の栽培&料理(特に辛いモノ)好き大歓迎です。
*画像転用はコメント欄にひと事お願いします。
(推奨フォントサイズ中~ 小以下はレイアウトが崩壊)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。