chilliぶろぐ - Chilli Blog 細長い実を付けているあじめこしょう

chilliぶろぐ - Chilli Blog

唐辛子栽培マニアのブログです。 たまに猫とかPC&カメラの話も出てきますが、その辺りは適当に。

Watch live video from chilli_2010 on Justin.tv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

細長い実を付けているあじめこしょう

めちゃくちゃ暑かった一日。日中はとてもじゃないけど仕事にならず、買い物に行けば大汗書いてグロッキー状態に…。
そんな中で昨日入手したマクロレンズを装着したα100を持ってボチボチと撮影。現実逃避もいいとこだ~。

あじめこしょうはちょっと良い場所を確保できずに仲々結実しませんが、現時点で数本のひょろい実を確認できます。
ajime0804.jpg

ajime080402.jpg


母親宅に持って行けばもっと実が付くのは間違いないんですが、結構虫も多いしスペース的にもキツクなってきたので何とかベランダで維持したいと思います。

ホワイト・ハバネロ(White Habanero)はやはりイエローっぽい実の付く方を残していた様子。
whitehabanero0804.jpg


どっちでも同じ味&使い勝手なのでいいんですけど、真っ白な方は見た目が綺麗だったのでちょっと残念。こちらの株の方が冬の寒さに強いのか、年明け一月以降まで開花&結実が続いてました。

マクロレンズを使って撮影した写真はやはりズームとはかなり違うなぁ、とつくづく実感。使い勝手は勿論はるかに敵わないわけですが、見せることを考えた写真を表現し易いというか。この絵を表現できるズームがめちゃ欲しい…。

レッドサビナは僅かに実が肥大化、今日はあちこちの花芽に受粉後の小さい実が付き始めているのも確認したので、ラッシュに突入しそう。
redsavina080401.jpg

夕日を浴びた赤&緑のヒョロペーニョ。
hyoro080101.jpg


あまりに形も違うので、もしかしたら別の種類から採種したのかな…などという疑念も脳裏を過ぎったんですが、やはり行動に間違いはなかったようで…。ハラペーニョの特徴であるヒビ(皺)が赤い方の実に現れているのが目視できます。やや皮が厚くごわごわした歯触りですが、噛みしめたときに現れる果肉の風味はやはりハラペーニョ系。通常種よりも辛く感じますが、他の種類も全て辛いのでw
 
 それにしてもマクロレンズの効果的なことったらありません。50センチほど奥にはなんだか分かんないピンクの花が咲いてるんですが、これだけボケてくれます。

覚えている人がいるか判りませんが、タワシから生まれた種で育てたトマトもこれだけ大きくなりました。前の実が問題アリだったので、まともなものはこれが初。
tawashi0804.jpg



夕方撮影したので水切れ状態なのはご愛嬌ですが、良いレンズは空気を映す、という言葉の意味が伝わるでしょうか。肉眼で見るとただの汚い株なんですがw

空気が映るレンズは、何を撮影しても「意味」を持たせてくれる気がします。もちろんアングルなどにセンスは必要なんでしょうが、それこそゴミ置き場の看板すら表情を感じられるような…。

これは近所のマンション前に生えている花です。
flower0804.jpg


普通に歩いていても気がつかないようなもので、虫に食われてボロボロな状態であることからも、殆ど手入れもされてないんじゃないかと。でもこうして撮すと、生命を誇示しているというか、存在を訴えているような気がしてなりません。
 道を歩いていると、それこそ一軒ごとにこうした光景がかならず存在します。その一本一本に命があるということを考えると何やら唐辛子栽培にも気合いが入りますw

昔からそんな意識があるからか、株の刈り込み、剪定、間引きとか苦手なんですが…。単なる勿体ないオバケかとも思いますがw

wall0804.jpg


 表情を持つのは生命体に限らず、うちの汚いマンションの壁面すら何かを訴えかけてくるような気がします。
ちなみに撮影したのはまだ完全に日が暮れきっていない時間でしたが殆ど夜のように映りました。

日中は天気がメチャクチャ良かったので、今年分の梅干しも干しておくことに。ここ二年は漬けてなかったんですが、今年は何キロか人にあげたりしたので5キロだけ漬け込んでます。うちのダイニングには4年モノの南高梅が眠ってますが…。
ume0804.jpg


実はあまりいい梅じゃないんですけど。近所のスーパーでキロ100円w だったから買ってきたんですが、傷ありだし潰れたりしてたので、途中白カビがでて処理も大変でした。強い陽射しをたっぷりと受け、再度つけ込み&干すことを繰り返して完成に。実際に食べられるのは今年末以降くらいでしょう。まあ、時折味見する程度で数年は寝かしますが。

画像の質を気にし始めたら、JPGの劣化が気になって仕方が無くなってきました。通常はそうでもないんですが、唐辛子の赤だけはどうしてもノイズが乗りやすい気がしてなりません。

これまでの画質は圧縮率を4程度まで落とし込んでいるんですが、前回のプリッキーヌを観る限りそれだと完全に破綻するようで…。

サイズを下げ、圧縮率を上げるしかなさそうです。これは圧縮率10で、殆ど最高レベルの12と変わらないくらい。
Prikedit0804.jpg

これでギリ赤が破綻しない、って感じ。う~ん、キビシイ…。

最後は母親宅のブー猫。生まれて一年半になるオスですが、性格がどうにもならないくらい穏やかで甘ったれ。今年序盤に一週間ほど行方不明になったんですが、子供に苛められたのか、車にはねられたのか判りませんが殆ど歩けない状態に。病院に入院して事なきを得ましたが、今でも外にでるのは余り好きではなく、普段は長いヒモを付けられて家の周りを散歩する程度。
chibi0804.jpg


一緒に生まれた兄弟は貰われていったり死んだりしましたが、弟連中がk計5匹成長中。うちの親、何度言っても避妊処理をしない(面倒くさがるだけ)ので、猫屋敷と化しつつあります。そのくせ餌だトイレだと文句言いまくり。可愛いんですけどねぇ。先日子猫の写真をプリントして持って行ったら「情が移って捨てられなくなるじゃないか」とぶつぶつ。三十分もすると「こうして見ると結構可愛いよな?」とおのろけ…。
スポンサーサイト

テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/08/04(金) 23:42:49|
  2. 唐辛子
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の夜のトウガラシ | ホーム | ビル憎しの続き:えらくデカく育った唐辛子達>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chillipepper.blog65.fc2.com/tb.php/43-389dd8ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chilli

Author:chilli
唐辛子(トウガラシ)の栽培&料理(特に辛いモノ)好き大歓迎です。
*画像転用はコメント欄にひと事お願いします。
(推奨フォントサイズ中~ 小以下はレイアウトが崩壊)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。