chilliぶろぐ - Chilli Blog Jeff Beckの余韻

chilliぶろぐ - Chilli Blog

唐辛子栽培マニアのブログです。 たまに猫とかPC&カメラの話も出てきますが、その辺りは適当に。

Watch live video from chilli_2010 on Justin.tv

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Jeff Beckの余韻

GW進行ということでドタバタを超越した超ドタバタスケジュールのために
殆ど現実感も喪失してたApril。
月頭にVictor Wottenを2日連続で観に行き、更にJeff Beckも2日参戦。
今回は所属事務所が変わったと言うことで、積極的にテレビ出演していたのが印象的でした。
日本での売れ行きも良く、オリコンの洋楽チャート一位、アメリカのAmazonでも来日時にちょうどナンバーワンになるなど、ここに来て取り巻く環境の総てが大きく変わってきた感じです。
100412-beck01.jpg


来日公演についてはこちらのブログが詳しいので紹介しておきます。
SOUP DISH
http://soup-dish.jugem.jp/

実は昨年からずっと読ませて戴いてたんですが、アーティストに対する視線は勿論、演奏曲の詳細、フィールに関してまで細かく観察していて本当に感心しきりでした。
12日のレポに出てきますが、Jeffが"Ready?"って呼びかけたときにすぐ側で“Yeah!”と反応してました(^^;

しっかしJeff Beck、このムーブメントを受けて先どこに行くのかが判らない。
本人はEmotion & Commotionの路線を一歩進めて、クラッシックのカバーに取り組むという話もしてますが、
大体口にしたことが現実化したことのない人なので(笑)。
実はこの路線は5年程前から始まっていたそうで、当時録音した『マーラー交響曲第5番第4楽章 アダージョ』が切っ掛けだったようです。
この録音が何故かネットに流出してお蔵入りとなってしまったんですが、
その出来の素晴らしさ、表現力の豊かさは正直カルチャーショックを受ける程でした。
私的には初めてWired聞いた時、ジョージマーチンのアルバムで『A Day In The Life』をカバーしたとき、そしてWho Eles!で当時私的に聴きまくっていたProdigyに感化されてテクノに切り込んだとき以上の
インパクトがこの小曲にはありました。
そして“Nessun Dorma”――前述の“Emotional”路線を推し進めた今回のアルバムが大衆に受け入れられて、本人もビックリしたんじゃないでしょうか。


それにしても人生の末期に差し掛かって、この大ヒット。グラミーも貰ったし、ツアーも各地で成功してるし、
何か大きな運に恵まれ始めた感さえあります。
元々もっと評価されてしかるべき人ではあったわけですが、ようやく世間からその才能を真っ当に見て貰えるようになったのかなぁと。
それにしてもマーラー、アルバムに入れて欲しかったな。

前にRhondaとNaradaのリズム隊だと、音楽的要素が低下するかもと書いてたんですが、ある面タルビニ以上のダイナミズムを持ち込んでて、特にRhondaの資質は表面的にはわずかにしか見えませんでしたが、素晴らしい才能の持ち主でした。
中学生の頃に、ラリーグラハムの『POW』というシングルを買ってベースパートをコピーしまくってたんですが、
今回プリンスのバンドで共演したラリーへのリスペクトとしてプレイしてたのが嬉しかった。


スライ&ファミリーストーン出身のラリーはウッドストックの『I Want To Take You Higher』でもベース弾いてましたしね。


ただ一つ不満だったのが反応の静かさ。
海外のライブなんかだと、それこそスローバラード『Angel(footsteps)』のスライド1音でも「キターー!」って感じの反応するし、チョーキング一発、アームでのビブラートの決め所、アクションなどどこをとっても「おいおい、やるな!」みたいにリアクションを返して、ある意味以心伝心な関係が築かれてるように見えます。
12日には、ステージ上のミュージシャン達が、ちょっと戸惑った表情で客のリアクションを窺う、みたいなシーンがあったりして、正直かなり重い空気でした。
プレイした曲でダイレクトに反応が返ってくると嬉しいものです。
その喜びをミュージシャンに与えることは、ある意味において客の責任でもあります。
当然気にくわない音楽ならそんなこと考える必要はないんだけど、
上質な音楽にはそれ相当の評価を自らの表現でお返しして上げないと、黙って座ってるだけでその感謝の気持ちが伝わる、なんて都合の良い解釈はもう通用しないんじゃないでしょうか。


近年ライブハウスで色々なミュージシャンの素晴らしい演奏を見てますが、客がきちんと反応することで「こんなに熱い演奏してるんだよ!」と伝わり、それがミュージシャンの気持ちに火を付けてより良いパフォーマンスに繋がるのを多数見てきました。
礼節を失わないのは美徳であり、それは無くすべきではありません。
しかしミュージシャンの奏でる音と戯れる、リズムやビート感に身体を任せる、たったひとつのフレーズでもそれと会話出来るような成熟した音楽への理解、そしてリアクションが出てくるとより良い演奏を導き出すことも出来るんじゃないかな、とか思ってます。
13日のライブはそういう意味でも最高でした。

書くことは一杯あるんだけど、取りあえず1時間しか寝てないので寝直します。
また昼夜逆転(涙)
今日くらいしか休みとれそうにないんだけどなー


とりあえずおかしな天気でどうにもなりません。
一昨日早朝は霧だらけ…
100421-morning.jpg
で、真夏日になったと思ったら翌る日は8度。
冬越し株も駄目になるんじゃないかな…。

そういえばボチボチ苗も出回ってるようです。
100416-tougarashi.jpg
また買いに行きたいな。去年は何日頃だったか…。

Ulupica、順調に徒長中w 2本目も発芽しました。もう一本も頭出してるような。
100418_ulupica.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/04/23(金) 08:21:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Avatarブルーレイを3Dで | ホーム | 明日からJEFF BECK >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chillipepper.blog65.fc2.com/tb.php/464-34704371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

chilli

Author:chilli
唐辛子(トウガラシ)の栽培&料理(特に辛いモノ)好き大歓迎です。
*画像転用はコメント欄にひと事お願いします。
(推奨フォントサイズ中~ 小以下はレイアウトが崩壊)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。